【鎌倉万歩】海の日の海岸です。鎌倉の海水浴場が3年ぶりにオープンしています。

鎌倉農泊協議会の間宮です。

鎌倉市には腰越海岸、由比ヶ浜海岸、材木座海岸と3つの海水浴場があります。

コロナ禍では鎌倉市は海水浴場の開設を断念して来ました。
昨年は藤沢、逗子・葉山と海水浴場が開いたのですが、鎌倉だけは開きませんでした。

今夏の海水浴場の開設にあたり、感染予防策を徹底し、安全安心な海水浴場の維持に努めると聞いています。

10年前に鎌倉市は、この3つの海水浴のネーミングライツ(命名権)を公募しました。

その権利を鳩サブレーで有名な豊島屋が獲得し検討の結果、
長年地元で親しまれている名称を、そのまま使用すると決定しました。

契約の期間は2013年から2022年まで。
毎年、ネーミングライツの料金を支払いながら、そのままの名称。

粋な計らいと、地元の皆さんは感心しました。

したがって、今回は「腰越海岸」「由比ヶ浜海岸」「材木座海岸」の順に、
にぎわいの様子をお伝えします。

7月18日は祭日、海の日で三連休の最終日。
朝から天気は上々。

まず家から一番近い「腰越海岸」です。

海岸の名称と同じ海水浴場「腰越海水浴場」は、鎌倉のもっとも西側にある海水浴場。

自転車の数も多く、近くの方々が海水浴を楽しんでいることがわかります。

3つの海水浴場の中でも人出の少ない場所で、
どちらかというと地元の皆さんが家族中心で集まってくる浜です。

腰越海水浴場には大きなAGWAという海の家が一つ。

この海岸で、こんな大きな海の家は、初めて見ます。

現在、もう一軒の海の家が建築中です。(7/18時点)

そのほか、湘南地区の10店近い飲食店が、小さな店を出しています。

このほうが、経営効率が良いのかもしれません。

アジアンラーメン、ガーリックシュリンプ、外国ビール、アジアンフード。コンサートコーナーもあります。

新大久保から出店している「空き缶」というハングル名のお店でアルバイトしている朴(パク)君から是非ブログに出してほしいと。

元気な友人が遊びに来ていました。

ひさしぶりに少しだけ韓国語の会話になりました。

ステージコーナーもありました。

↓↓腰越海岸から徒歩1分、お勧めの宿はこちら↓↓

ここから先は藤沢市。片瀬東浜海水浴場。

藤沢市との境目は、ロープ仕切られています。

小田急線「片瀬江ノ島駅」に直結しているので海の家も多く、
イベント会場もあり、若いカップル、若い仲間が大勢押し寄せてきます。

藤沢市との境目は、一般の方には区別がつきません。
なので連携が大切なのです。

かつて松尾鎌倉市長から聞いた言葉です。

↓↓片瀬江ノ島駅より徒歩3分、片瀬東浜海水浴場徒歩6分のお勧めの宿はこちら↓↓

続いて由比ヶ浜海岸。

江ノ電の由比ヶ浜駅からも近く、多くの海水浴客がやってきます。

子供連れよりも若者同士やカップルが目立ちます。

気がつくと年配の外国の方も多く見受けられます。

近隣にお住まいの海外の方でしょう。

他の2つの海岸より異国情緒のする浜辺でもあります。

お店の数も多いと感じました。

滑川にかかる木の橋を渡ると、そこは材木座海岸。

鎌倉駅から徒歩20分近くかかります。

3つの海水浴場の中で一番長い海岸です。

東西1.1km。

海岸全体が海水浴客で埋まっています。

ここは中でも遠浅な浜で穏やかな海岸。

小さなお子様連れの家族も多く、海水浴デビューにも最適な海岸かもしれません。

鎌倉市はライフガードも監視体制がしっかりしていて、
監視所でスタッフに話しかけても、丁寧に対応してくれました。

鎌倉市の海水浴客はコロナ前で、約70万人になります。
その前は100万人を超える年も多かったようです。

昔、鎌倉の小学校にはプールがありませんでした。
理由はすぐ前に海があるから、体育の授業は海だったと聞いたことがあります。

材木座海岸から街への出入り口も自転車でいっぱいです。

↓↓材木座海岸から徒歩2分、お勧めの宿はこちら↓↓

私としては、半日カメラを片手に浜をぶらぶらするよりも、
小型のチェアなどを持参で、半日ほど海でのんびりしたいものです。

以上、鎌倉海岸の散策日記です。

見たまま、聞いたままのレポートですが、
一部は鎌倉市観光協会のHPの情報も含まれています。

今年は鎌倉の海で、夏の思い出を作りませんか?

現在開催中のイベント

湘南エリアのスタンプラリー「 SHONAN STAMP」開催中!
【2023年1月20日(金)まで】

SHONAN STAMP 開催中
湘南エリアのスタンプラリー「 SHONAN STAMP」開催中!【2023年1月20日(金)まで】