体験農園レポート1 『初めての作付け♪』

こんにちは♪ キタハラです!
秋風を感じられるようになり、空も高くなってきましたね。
そう、“天高く、馬肥ゆる秋”。

…キタハラも肥えます。

あ、秋だけじゃないや。
…春夏秋冬、年中無休で肥えてます。

(-_-)

そんなことはさておき、前回のブログで予告いたしました通り~、

今回のブログは“体験農園 山森ファーム 初作付け!!の巻”でございます!

さぁ!いきなりですが、ここでクイズですっ!

⇧この苗は何のお野菜の赤ちゃんでしょうか??
ヒント:これからの季節の熱々お料理“お○○”に欠かせない、アレです(^_-)-☆

答えは記事の最後にっ!

私たちが訪問する前日、山森さんが畑に肥料を撒きトラクターで耕しておいてくださいましたので、すでに土はフカフカ♡
まずはクワで畝(ウネ)というお野菜を植えるベッドを作り、マルチシートという黒いビニールを敷きます。
これには主に防虫、除草、断熱…といった効果があるんですって。

ほぼ毎日畑に来て作物の状態をチェックし、手入れしている山森さんは、マルチをご自身の畑ではあまり使わないそうなのですが、
週に1回程度しか畑に来られない私たちにはおすすめの方法なんだそうです。

マルチに空いている直径8cmほどの穴部分の土を掘って、苗を植えたり種を蒔いたりしていきます。
まずは、ブロッコリー・カリフラワー・さっきのクイズのアレ・紅芯大根・紅くるり大根・青首大根を作付けしました。
ひと株、ひと株、丁寧に植え、優しく土をかぶせます。

忠男さんが何かブツブツつぶやいてると思ったら…
『大きく育てよ~』
うん、うん、なんだか愛情が湧きますよねぇ(ほっこり)

『美味くなるんだぞ~』
…そっちかいっ!(笑)

大根の小さな種。ふた粒ずつ穴に落として土をかぶせます。
2~3日で芽が出るそう。そして、ある程度大ききなってから1本に間引きます。

仕上げに20日間ほど効果のある有機防虫薬を撒き、やかんで水をかけます。

え…お水こんなに少しでいいの??ってか、毎日の水やりは??( ゚Д゚)💧
ベランダのプランターのミニトマトの水やりを忘れてカラッカラにした経験有りのキタハラはハラハラ!

ご心配なく。よっぽどのことがない限り、畑では水やりは不要とのこと。
土の中の水分や、降雨で十分なんだそう。

それよりも気にかけなくてはいけないのは、虫と雑草。
週1で畑に来た時には、虫がついていないか、雑草が出てないかしっかりチェックをするようにとのこと。
『虫はね、やっぱり付くんだよね』
大ベテランの山森さんが笑いながら言います。
『そしたらどうするか、考える。防虫ネットを張っても、それで安心しちゃダメ。それでも付く虫はいる。』
なんか…深い。
なんせ自然が相手。“絶対”なんてありません。
子育てと相通じることがあるなぁとしみじみ。

そんなこんなで第1回目の畑仕事は無事終了!!
いやー、楽しかったです♪
借りている2区画の半分くらいの作付け作業をして、1時間ちょっと。
あっという間ながらも、濃ゆい時間でした。

若干、リモートワーク疲れ気味のキタハラにとって、
広々とした空の下、土の匂いや触感を楽しみながら野菜の成長に思いをはせる時間は格別の癒しのひと時でした。
できることなら毎日でも通いたいくらい。

農スタイルがバッチリお似合いの忠男さんもMme.Etsukoさんも、
終始楽しそうに、そして真剣に初めての農作業に勤しんでいらっしゃいました♪

『今日植えたものは全部、年内に収穫できるよ。2,3日で芽が出るよ。』

ということはそろそろ、大根の芽が出ているかも…(*’▽’)
次に畑に行くのがとても楽しみです!

ワクワク♪

最後まで読んでいただきありがとうございました!

そしてそして…気になるクイズの答えは…⇓⇓⇓

白菜でした~!
簡単でしたかね(*^^)v

それにしてもこんなに小さくてかわいらしい葉っぱが、デデンとずっしり白菜になるなんて!

それでは、また次回!

キタハラ