鎌倉農泊協議会 ✖「鎌倉から、こんにちは」

「鎌倉から、こんにちは」の読者のみなさん、こんにちは。

鎌倉を愛する徒歩ライターの宮田岳彦です。

今回から、この【鎌倉万歩】のコーナーを担当するように鎌倉のアニキと慕っている

徒歩作家の間宮武美さんから頼まれました。

前半の記事は「鎌倉から、こんにちは」にてご覧ください!

http://blog.kamakura-seoul2005.com/

間宮さんは、以前、鎌倉から韓国のソウルまで徒歩の旅をした方です。

2328キロも歩いたそうです。

1日平均35キロ、80日も歩いたのです。

すごいことを平気でやってしまう方なのですね。

僕たちは鎌倉を歩いてレポートを発信している徒歩ライター同士。

何年前からアニキ同然の間宮さんと親しくしていただいています。

間宮さん。

僕もあの「鎌倉まつり」はライターとして取材していましたので、

韓国の安東市から伝統仮面劇が来たときは現場にいましたよ。

アニキが影のプロデューサーだったのですね。

本当に、すごいですね。

2009年の4月12日は日本晴れで桜も満開でしたね。

あの時、初めて韓国の伝統仮面劇を見ました。

パレードの一番先頭に出演していました。

横断幕を持つ方のチマチョゴリは極彩色で綺麗でしたね。

鶴岡八幡宮の舞殿横で沢山の観客に囲まれて、アニキが司会をしていました。

最後は観客も一緒に輪になって、踊っていました。

韓国では、いつもあのように観客も一緒に踊るのですね。

酒樽の前で記念写真も撮りました。

この民間交流がパートナーシティーのきっかけになったとは、思ってもいませんでした。

これから、間宮さん、いろいろな鎌倉の話題で連携しましょう。

 宮田岳彦のプロフィール

年齢不詳。東京生まれの東京育ち。仕事は徒歩ライター。

20年前に鎌倉へ移住してきた好奇心の強い男。

地域の周囲の方とは、すぐに仲良くできる、物おじしない性格。根っからの鎌倉ファン。

最近10年の間に地域ボランティアにも参加して、鎌倉市の行政の方とも良好な関係を持っている。ワーケーションで取材以外は、鎌倉に在宅機会が増え、興味を持ったら、すぐに出かける。チャリンコで動くのではなく、常に公共交通機関と徒歩での行動が多くなり、100以上ある寺、50前後の神社はほとんど、歩いて回った。鎌倉在住の間宮武美をアニキと思い、非常に馬が合うお付き合いをしている。