【鎌倉万歩】8台のカメラが競った。最後は、みんなの気持ちがひとつになった撮影会。

雲ひとつない秋晴れの鎌倉駅に8人の撮影会の参加者が集まった。

鎌倉農泊協議会が湘南天狼院書店とのコラボのイベントだ。

「湘南モデル撮影会」だ。

講義、実践、講評を1日で学べる濃縮講座。

カメラ機材の取り扱い、モデルとの対話方法をプロのカメラマンが直接指導。

今日は材木座にある宿、古民家「琥珀」を利用しての撮影会プランだ。

まずは「五所神社」の境内をお借りして、

2人のモデルに2つのグループに別れての撮影会が始まった。

鳥居の前で、

階段に座り花と一緒に、

塀に寄り添い

撮った写真をお互いに披露し合う姿も。

モデルにポーズを支持して、1歩前に出てよりアップで撮る。

モデルは、それに応えて、さまざまなポーズを変えてくる。

撮影する者とモデルの間に、いい関係が生まれてくる。

予定の時間が来たので古民家「琥珀」へ移動した。

部屋は昼でも薄暗い。ストロボを設置する。

縁側はガラス越しに、薄い遮光を利用できる。

縁側でのポージング。

奥の部屋のベッドを利用してのポージング。

こちらはストロボが必要だ。

夕陽が迫る頃、歩いて1分の海岸に出る。

引き潮の海岸は、たくさんの人が出ている。

逆光で撮るか、順光でとるか。

ポージングも変わる。

引いた絵も美しい。

アップの顔の風に髪がなびく。

その髪が金色に光る。

風を味方にすることも大事だ。

最後にシャボン玉も小道具に使い始めた。

単純な言葉で感想が飛び出す。

参加者の気持ちが、ひとつになりいい雰囲気で時間が流れる。