鎌倉グルメ「朝ごはん編」からスタートです!!

こんにちは!

鎌倉の「歴史」「カフェ」「お土産」「野菜」「観光スポット」に続き、「鎌倉グルメ」は鎌倉在住のMme.Tominagaがご紹介します。

鎌倉に数多あるグルメスポットを「朝ごはん」「お昼ごはん」「晩ごはん」「番外編」とカテゴリー分けして、お伝えして参ります。

先ずはシリーズ「鎌倉の朝ごはん」‼︎

早起きしてでも行きたい美味しいごはん屋さんのご紹介です。観光に訪れた際に、またローカルの方はいつもと違う特別な朝を味わってみてはいかがでしょう。鎌倉の朝を「おいしい〜!」から始めましょう。

その前に…..

鎌倉ご当地グルメと言ったら皆さんが真っ先に思い浮かぶものは何ですか???

食材としては、しらす、近海の新鮮な魚介類、鎌倉野菜でしょうか? 近隣の葉山牛、みやじ豚、三崎マグロなども有名ですね。

これらの食材を活かした名店がたくさんありすぎて、どちらからご紹介したら良いのか迷うところでは有りますが、私のお気に入りのこちらから。

*お店の前を江ノ電が通過する古民家カフェ「ヨリドコロ」 干物で朝ごはん!

大正時代の建物をオーナー自らリノベーション、レトロな佇まいのカフェ(お食事処)へと大改造。

木の温もりが心落ち着く店内をオープン5年後の今年3月、更にお洒落にリニューアルした「ヨリドコロ」は朝7時開店です。

ご実家が干物屋さんのオーナー店とあって、これぞ日本の朝ごはん!がいただけます。

昨日のチョイスは

あじ干物定食+味付のり+卵

さば干物定食+厳選しらす+冷奴

脂がのった干物はもちろんのこと、選りすぐりの卵に甘めのお醤油を混ぜてていただくTKGが絶品なんです。

ただし、ヨリドコロ推奨の食べ方、卵の白身をメレンゲ状に泡立てるのは至難の技!毎回ふんわりまで行けずギブアップ!

卵そのものが美味しいのでいいのよ、ここまでで、と呟きながら干物に箸を進めるのですが…

次こそは辛抱強く下の写真のようになるまで頑張ってみようかと(苦笑)

江ノ島電鉄「稲村ヶ崎」駅から徒歩2分の場所にある店舗の至近距離を江ノ電が通過する様子は圧巻です。

左右から12分おきに現れては去って行く江ノ電を見ながらのごはんは愉快な時間です(笑)

稲村出身の夫がアジの干物を突きながら呟きます。「この線路上は通学路。歩いて駅まで行ってたよ。」

こんなロケーションの店舗はなかなか見当たらないですよね。味もシチューエーションも抜群です!

お腹を満たした後は、お店を出て踏切を渡った先に広がる大海原と富士山が見渡せる絶景ポイントに出掛けてみるのもおすすめです。

こんな景色が見渡せるかもしれませんよ。

昨日はこちらにもお邪魔しました。「ヨリドコロ」鎌倉レンバイ市場店(鎌倉市農協連即売所内)。

こちらには本店のメニューにある干物以外にも様々な干物が並んでいます。肉厚のさつま揚げも大評判です。

本店オーナーのお母様が気さくに対応してくださり、いつもついつい立ち話に花が咲いてしまいます。

Webでも干物を注文できますが、ご近所でしたらデリバリーもしてくださいます。

「わざわざお店に来て下さらなくてもお届けしますよ。」次回はお届け便をお願いしてみようと思います。

私が昨日購入した干物は、塩サバ、えぼだい、明太イワシ。ご飯が進みますが、私の場合はお酒が進んで止まらない逸品です(笑)

「ヨリドコロ」情報はこちらです。

【本店】

住所〒248-0024 鎌倉市稲村ヶ崎1-12-16

営業時間7:00―18:00

TEL 0467-40-5737

FAX 0467-40-5738

メールアドレス info@yoridocoro.com

レンバイ市場店】

住所〒248-0006 鎌倉市小町1-13-10

営業時間 9:00―16:00

TEL/FAX 0467-60-6170

メールアドレス order@yoridocoro.com

最後まで目を通していただきありがとうございます。

初回の朝ごはんはいかがだったでしょうか?これを機会に「鎌倉で朝ごはん」にお出掛けいただけたら嬉しく思います。

「鎌倉グルメ」次回ご紹介の「朝ごはんシリーズ」も実際に私が訪ねたお店をご紹介します。

お楽しみに!